KW乳酸菌とは、正式名称を「KW3110株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)」と呼んでいるみたいです。免疫力を高めると言う効果の高い乳酸菌で、キリンビール(ラガーや一番搾りなどの他に、発泡酒の淡麗も人気ですね)と小岩井乳業が昭和女子大と研究・開発し、2004年に応用商品化に成功した乳酸菌です。KW乳酸菌は、花粉症やアトピー、食物アレルギー(今までは問題なく食べていたのに、ある日突然、発症してしまうこともあるでしょう)といった症状緩和を目的に研究開発されたもので、副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)のないアレルギー治療法として効果が非常に期待されています。KW乳酸菌は、免疫力を高めてくれることでアレルギーに対処するとなっていますが、これは免疫と関連のある白血球に作用するからです。白血球には、Th1細胞とTh2細胞があって、これらのバランスが乱れ、Th2細胞が多くなるとTh2細胞が深く関与するIgE抗体といった物質が血液中に増加します。このIgE抗体の増加が、アレルギー反応と密接な関係を持っているのです。KW乳酸菌は、酸性の強い胃酸にさらされても壊れることなく腸まで到達して、このTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える働きがあります。更に、すごいのは、このKW乳酸菌はたとえ死んでも、免疫やコレステロール値を正常にする作用がある為す。KW乳酸菌は、カプセルに入った「ヤクルト ノアレ 30カプセル」、タブレットの「ヤクルト ノアレ タブレット 30粒」のほか、ヨーグルト(アレルギーの症状を改善するといわれていますが、摂り過ぎると悪化することもあるでしょう)にオルニチン(しじみにたくさん含まれていて、二日酔いにも効果があるといわれています)400ミリグラムが配合された「小岩井大人(子供の頃は、二十歳を超えた人はみんなおじさん、おねさんにみえたものですが、実際自分がその年齢になってみると、案外、子供っぽい部分を残しているものですね)の元気ヨーグルト(アレルギーの症状を改善するといわれていますが、摂り過ぎると悪化することもあるでしょう)」があるそうです。アレルギー症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を改善するためには毎日摂取しなけれねダメなのですが、好みに応じて選べるので続けやすいのではないでしょうかー